不整脈(期外収縮)の発生と収束

2016年6月のある日のこと、突然不整脈が発生しました。

駐車場で車に乗って人を待っていると、ドクっ、という動悸を30秒に一回ぐらい感じるようになりました。

心臓がおかしいのか?と思い、手首に親指をあてて脈を調べてみると、動悸の後に脈が飛んでしまうではありませんか。

リズム良く脈打っているのに突然

ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ、ウン、ドクッ、ドクッ、ドクッ、

というように、音楽で言うと1拍置く感じになってしまう。

深呼吸してみても、ストレッチしてみても、変化がありません。

30秒に一回ぐらい脈が飛んでしまう。俺の心臓はこのまま止まってしまうのか?そしてこのまま俺の人生も終わってしまうのか?

とか思いつつ様子を見ました。

そうこうしているうちに待っていた人が来ました。その人に症状を伝え、俺が倒れたら救急車よろしく、という話をしつつ、さらに様子を見ました。

30分ほど様子をみたが変化は無く、脈が飛ぶ以外には特に変なところもないので(精神的にはまいりましたが)、車を運転して自宅に帰りました。

自宅に戻った後、2時間ぐらいしたら脈が飛ぶのもおさまり、通常のリズミカルな心臓に戻ってくれました。

たまに(1ヶ月に一回ぐらい)は動悸を感じることはありましたが、こんなにも連続で発生することは無かったので正直あせりました。

ネットで調べたところ、脈が飛ぶのは期外収縮という種類の不整脈だそうで、ほとんどの人は問題無いとのこと。

脈を打つための電気信号が乱れる(早かったり遅かったりする)ので、そのときに脈が飛ぶ(正確には弱く脈打っているが感じ取れない)のだそう。

この日は、収まったのと、ネット情報で問題無さそうということがわかったので、ひとまず安心しました。

が、1ヵ月後、再び期外収縮が発生しました。

今度は数時間という話ではなく、3日間ぐらい続いた後、収まりました。

問題無さそうとは言え、なんだか気になるもんです。

そして1週間後、再発しました。

今度は3日間経っても収まりません。

だんだんと症状が発生する期間が長くなってきているようです。

5日間経っても収まらないので、医療機関を受診してみることにしました。

近くにある「循環器内科」で、日替わりでいろんな先生が来ているようです。

ホームページを見てみたら本日の先生は「不整脈専門医」だそうです。

これは本日行くしかない、と、予約を入れて行ってみました。

激混みです。。。

お盆前、で、なおかつ、2週間に一回しかこない「不整脈専門医」ということで混んでいるようです。

○○さーん、中へどうぞ!

意外に早く呼ばれたと思ったら、まずは看護師さんによる問診&心電図検査、のようです。

その後待合室で待つこと1時間半。。。ようやく先生に呼ばれました。

本日の心電図検査と問診の結果、先生の意見も「期外収縮」で問題無い、とのこと。

念のため、24時間心電図、血液検査、心エコー、負荷心電図、という検査を行って、問題ないことを確定しましょう。とのこと。

生活のうえで特に気をつけることは?と先生に聞いたが、「特に無いですよ」と拍子抜けの回答、運動しても問題ない、とのことだった。

自分にとっては人生初めてのことだが、先生は同じような人をたくさん診ているので大丈夫というのがわかるのだろう。ちょっと安心しました。

その日は血液を採取し、24時間心電図(ホルター心電図というらしいです)の機械を取り付けて帰りました。

24時間後にホルター心電図を取り外しに来た後、こんどの受診は2週間後とのこと。

それから二週間、期外収縮は収まることなく発生し続けました。

そして再度受診、エルゴメーターという自転車みたいなのをこぎながら心電図を測る検査です。

だんだんと負荷がかかってペダルが重くなり、心拍数も上がってきます、運動していない人だと2,3分で目標心拍数まで上がってしまうみたいですが、私の場合は8分ぐらいまで目標心拍数に達さず、どんどんペダルが重くなって一汗かいてしまいました。

その後は、心臓のエコー(超音波撮影)検査で、心臓の肥大などを調べるものでした。

検査後、今回は15分ぐらいで呼ばれ、先生の解説。

24時間心電図で見た限り、1日1000回程度の期外収縮が発生しているが、それは全体の1% 程度(つまり100回に1回ぐらい飛ぶ)なので問題ないとのこと。これが20%以上(5回に1回)になってくると心臓に負担がかかるので良くない。ということでした。

血液検査は問題なし、エコーも問題なし、なので問題無いでしょう。

とのことでした。

気になるようであれば薬で抑えることもできますが、どうしますか?

と聞かれましたが、放置しても問題ないのであれば薬は要りません。と答え(薬嫌いなので。。)これで診療は完結しました。

これから一生動悸を感じならが生きるのかと、少々落ち込みそうでしたが、問題ないのであれば気にするな!と考え方を変更し、家に帰りました。

と、それから2日後、ぱったりと期外収縮が消えました!

何をしたわけでもありませんが、受診して問題ないことを聞いて精神的に開放されたからなのか、それとも何らかの理由で自律神経が安定してきたからなのか、理由はわかりませんが、突然収まりました。

それから一ヵ月半後の現在も再発はしていません。

なんだか良くわからない現象だったが、もう出ないことを祈ります。

期外収縮発生して、気になっている皆さんも一度受診して、気持ちを楽にしてみてはいかがでしょう。

 

 

dTV でダウンロードした動画ファイルが消えてない

dTV で見たい動画シリーズが配信停止になってしまったので解約することにしました。

Androidアプリを起動し、ダウンロードしたファイルはすべて消去してから解約を行いました。

にも関わらず、ストレージの容量が消去前と変わりません。

アンインストールすれば変わるかと思い、アンインストールしてみましたが、変わりませんでした。

しょうが無いので手動で消すことにしようと思い、ストレージの中を探してみたところ、以下のフォルダにファイルが入っているようでした。

\Internal storage\Movies\dmktvs

ここをごっそり削除したところ無事にストレージの容量が増えました。

ちなみに上記は Nexus7 の環境ですので、他の端末だと違うかもしれません。

虫の嫌いな人が家の中に侵入した虫を捕まえて外に出す方法

でっかい虫(ゴキブリやカマキリレベル)は論外ですが、てんんとう虫やカメムシや小さなクモぐらいの大きさの虫でも苦手な私。

そんな私の家に虫が出たときは、それはもうドキドキです。

素手で捕まえるなんて想像しただけで震えがきます。

そんな私が使っている虫取り方法をご紹介します。

まず用意するものは、DVD-RやCD-Rの50枚入りの容器

insect001

これの透明なフタだけを使います。

insect002

なければ何か透明な容器で代用してください。

 

insect003

もうひとつはクリアファイル。書類や広告などを入れる透明なファイルです。

これは100円ショップなどでも売っていますので是非購入してください。

道具はこの2つだけです。

 

insect004

このクリップを虫に見立てて手順を説明します。

 

insect005

まず、勇気を持って虫に透明な容器をかぶせます。

このとき、コーナーに虫がいたり、カーテンレールなどの出っ張ったところにいるとかぶせられませんので、そのときはうまく誘導して平らな場所まで移動させます。

平らであれば壁でも天井でもかぶせられます。

 

insect006

次に、容器と床の間になるべく隙間を作らないようにしながらクリアファイルをすべりこませます。

このとき、容器を上げて隙間を作ってしまうと、すばやい虫だと逃げ出す恐れがありますので、隙間をいかに作らないかが勝負になります。

 

insect007

そしてそのままクリアファイルをスライドさせていきます。

虫は自然にクリアファイルの上に乗ると思いますが、あせるとそのまま引きずって移動したり、つぶれたりしてしまいますのであせらず慎重にやりましょう。

容器のほうを動かすのも手ですので、臨機応変にやってみましょう。

 

insect008

そして、完全に容器の出口が隠れるまでクリアファイルを移動させます。

これで捕獲は完了です。慎重にクリアファイルごと持ち上げましょう。

クリアファイルごと持ち上げるときに隙間ができてしまいがちですので、ここも慎重にいきましょう。

持ち上げたら、ベランダや玄関先まで持っていき、逃がしましょう。

この道具のおかげで、虫嫌いの私もなんとか退治(外に逃がす)できるようになりました。

 

平和の森公園 アスレチックに行ってきました

平日の休みが取れたので、平和の森公園のフィールドアスレチックコースに行ってきました。

郊外のアスレチックに行くには時間がかかりそうですが、ここは首都高の出口からも近く、車で行くにはちょうど良い場所にあります。

平日で駐車場もガラガラだったので、中もすいているかなと思って入ってみたら、どこかの小学校と思われる団体が入場説明を聞いていて、タイミングが同じになってしまいました。

団体様と同じにならなければ、平日はかなりガラガラで遊ぶことができると思われます。

heiwa001

雰囲気はこんな感じです、森というよりは林ぐらいな木の量だと思います。

その木々の間に全40のミッションが設置されています。

heiwa003

子供は楽しいが親はヒヤヒヤなのがこれ。水に浮かんだイカダの上を対岸まで渡り、戻ってくるというミッションです。

イカダの上で座り込む子供、その後ろから来てプレッシャーをかける子供、などなど、いろいろな子供がいますが、わたりきったときの達成感はひとしおなようです。

 

 

heiwa004

イカダ渡り以上に覚悟が必要なのはこれ。でっかい桶に乗って、オールでこぎならが一周するというミッションです。

確実に濡れます、暑い日ならまだいいですが、寒い日は要注意です。

でも、子供は大喜びです。

回転が非常に悪いので、混雑している日は待つかもしれません。

 

heiwa002

天気が良いと自然の中で気持ちよい汗がかけると思います。

JINS でのメガネの買い方

車の運転に必要なので、15年ぐらい前に買ったメガネ。

レンズのコーティングがはげてきて、ねじが外れたのを付け直したり、だましだまし使ってきましたが、ついに鼻のところの止め具が折れてしまい使えなくなりました。(正確には、使えるけど鼻に突き立ってしまって痛い状態(^_^;))

15年間ありがとう。ということで新しいめがねを買うことにしました。

下調べも無く、いつも行っているショッピングモールの中にあった、JINSという眼鏡屋さんで買うことにしました。

カジュアルなメガネから、フォーマルなメガネまで、老若男女のどのターゲットにも受け入れられそうなフレームが並んでいました。

JINS001

私は無難な感じのこれにしました。価格は6372円。一昔前はフレームだけで1万2万はあたりまえだったので、安くなったもんだと思いつつ、レジへ。

そこでメガネ購入の流れは以下のようなものだと説明を受ける

  • 視力測定、レンズ決定
  • フレーム調整
  • メガネ製作
  • 受け取り

メガネ製作のところで40分ぐらいかかるそうなので、ここで昼食をしたり、買い物をしたりして時間をつぶせれば、効率的です。

まずは視力検査ですが、これは待ち人数によりますが、開始まで5分ぐらい待ちました。

検査が始まると、視力や乱視などレンズ決定に必要な検査を行ってくれます。だいたい時間は10分ぐらいでしょうか。

レンズが決まったところで、レンズの厚さの希望を聞かれました。

レンズの厚さは一番厚いものは在庫があるので当日お渡し、薄いものだとお渡しに1週間ぐらいかかるとのことでした。

厚さにこだわりは無いのと、当日ほしかったので普通の厚さのものでお願いしました。

ここで、ふと疑問が(・・?

レンズの値段が書いてなかったが、いったいレンズはいくらするのだろう?

まぁ、フレームも安いからレンズも同じぐらいだろうし、高くても1万円ぐらいなんだろうな、と思い、その場は特に質問もせずに進めました。

次に、また5分ぐらい待った後に、フレームの調整です。

フレームをかけてみて、きついところなどはないか確認します。

私の場合は、右耳の当たり具合がいやだったので、その旨を伝えたら調整してくれました。

なんだか、フレームを手でグニャグニャと曲げて調整していました。

意外とアナログだなぁ。と感じた今日この頃。しかし、これが最新の技術なんだろう(-_-;)

調整が終わると、会計を済ませます。

レンズの値段ことはもう忘れていましたが、値段を聞いてすべてが判明しました。

お会計は6372円です。

ということで、この値段はフレームのみの値段ではなく、フレーム+レンズの値段の合計だったのです。

これはうれしい誤算です。今の時代では、当たり前のことなのかもしれませんが、15年前からメガネを購入していなかった私には驚愕のお値段です。

時代は変わりました(T_T)

ということで、会計を済ませ、ランチに出かけました。

ランチの後、JINSに戻ってみるとちゃんとメガネが出来ていました。

かけて見て変なところは無いか、見え方は大丈夫か、ということを確認してから受け渡しです。

メガネケースももらいました。

JINS002

色は選べるんですが、私は黒にしました。

ふたが磁石でくっつくタイプで、開けると

JINS003

こんな感じです。

JINS004

メガネ拭きもついてます。

いやぁ、こんなに安いとオシャレで何個もメガネを買っちゃう人の気持ちもわかりますね。

横浜ベイサイドマリーナに行ってきました

ゴールデンウィークに横浜ベイサイドマリーナに行ってきました。(^.^)

船の駐車場であるマリーナとアウトレットモールが一体となったスポットで、買い物もできるし、海辺で遊ぶこともできます。

BAYSIDE002

気持ちよく晴れたマリーナ、こんな大きなクルーザーを持っているのはどんな金持ちなんだろう、と思いをはせてみても始まらないので

BAYSIDE001

こっちの波打ち際で、生き物を探して遊ぶことにしました。

持ってきたのは、カニ釣り用のスルメ、割り箸、タコ糸、それにバケツと小さな網です。

カニ釣りを始めてすぐに見つけたのは、体長約15cm の渡り蟹(たぶん(^_^;))でした。

スルメを挟んでくるのですが、なかなか持ち上げるまでには至らず、結局はつれませんでしたが、こんなところにこんな大きさのカニがいるんだと、感心しました。

気を取り直して小さなカニを狙ったら、何匹か釣れました(^_^)v

カニを狙っていると、たまにハゼのような魚がスルメに食いついてきます。

こいつはスルメをおとりにして網ですくってやろうと頑張ってみましたが、ハゼのほうが一枚上手で、網ですくえる場所まで出てきませんでした(^_^;)

 

BAYSIDE003

波打ち際での遊びを止めて、ショッピングへ行こうと移動しているときに、エイを見つけました。

こんな浅瀬にいるなんて、これまた驚きです。

 

BAYSIDE004

しかもよく見てみると、エイよりもうちょっと浅いところにアメフラシ(これもたぶん(^_^;))がいました。これはデカイ、目測で30cm ぐらいはあるように見えました。

身近なところで、いろいろな生き物に触れたり見たりすることができて、さらにショッピングもできる、楽しめるスポットでした。

 

みその公園「横溝屋敷」に行ってきました

 

横浜市鶴見区にあるみその公園「横溝屋敷」に行ってきました。

横溝屋敷は旧横溝家の住宅を文化遺産として展示している施設です。

門をくぐると広い庭が広がり、正面に屋敷が見えます。

YOKOMIZO001

私が訪問した日は端午の節句が近いこともあり、庭にこいのぼりが飾られていました。

 

門を入って左を向くと、倉庫のような建物が2,3棟並んでいます。

YOKOMIZO003

中を見ると昔ながらの農具が展示されています。

YOKOMIZO002

 

さて、屋敷に入ってみると、土間にはかまどが設置してありました。

YOKOMIZO004

これでご飯炊いたら何人分たけるんだろう。

 

土間から部屋に上がると広い居間に入れます。

YOKOMIZO005

昔懐かしい雰囲気でごろ寝すると落ち着きそうです。

部屋の端には、ところどころに棚が置いてあり、人形などが飾ってあります。

YOKOMIZO006

これまた懐かしい感じの飾りです。

 

けっこう急な階段を上がると、二階の展示部屋に行けます。

YOKOMIZO009

二階の窓からは、庭が一望できます。

いろいろ展示してありますが、おちょこなどの食器がたくさんありました。

YOKOMIZO007

YOKOMIZO008

お酒好きだったんでしょうか。

ちなみに見学は無料です。

YOKOMIZO010

が、玄関の土間のところに「運営協力金」を募る募金箱がありましたので、微力ながら100円を寄付しておきました。

開館時間は9時半から16時半までのようです。

休館日は第1、第3月曜(祝日の場合は翌日)のようです。

 

東京ドイツ村 クマムシと芝桜

東京ドイツ村にクマムシが来ると言うので行ってきました。

「あったかいんだからぁ」のあの人達です。

いや、まぁ、クマムシだけだったら行かなかったんですが、4月は芝桜がすごいことになっている、ということもあり行ってみました。

この日は8時半開門らしいのですが、9時ごろに着きました。

ここは園内を囲む道路があって車で走ることができ、駐車場はその道路の両側に配置されています。

見るとすでにたくさんの車がとまっていて、中央広場のステージ前には、場所取りの人たちがすでにシートを広げて待ち構えていました。

クマムシのライブは11時からなのですが、すごい人気ですね。

我々はそんなに、間近で見なくても良いので、適当に車を止めて、まずは芝そりをすることにしました。

tokyo001

こんな感じで横20m縦40mぐらいでしょうか、人工芝が敷かれた斜面があって、そり滑りができます。

料金は15分で700円、そりや軍手、ひじ・ひざパッド、ヘルメットなどはすべて借りれます。

上からは芝桜が見えて眺めも良いですが、斜面は歩いて登るので、体力の無い人は要注意です。

tokyo002

すべり終わったところで、芝桜を見に行きました。

一面に敷き詰められた芝桜は絨毯のようで圧巻でした。

tokyo003

次に、園内にじーじの森というアスレチックっぽいエリアがあったので入ってみました。

500円で一日何度でも再入場可能なので、子供がいる場合はけっこう楽しめます。

入るときに、怪我しても死んでも自己責任ですよ、みたいな同意書にサインが必要です。

tokyo004

こんな、木の上の小屋みたいなところもあれば、手前の上から下まで写っているロープは、超長いブランコのものです。

山の上のほうには、山の斜面に向かって飛び出す感じのブランコがあり、飛び出したときの高さはかなりのものになります。ぞくぞくします。

tokyo005

こんなロッククライミングちっくな壁や、ハンモック、バランスボード、綱渡り、などなど、ちょっとした遊び道具がたくさんありました。

 

 

健康診断でALT(GPT)の数値が高くて再検査。克服までの奮闘記

先月健康診断を受けたところ、血液検査のALT(GPT)という値が 69 で、あえなく「要精密検査」となりました。

一ヶ月後の再検査で問題ないレベルまで落とせましたので、その過程を書いていきます。

あくまで私の体験談ですのでご参考程度にお読みください。

皆様自身の場合はいろいろなケースがあると思いますので、自己判断をせず、医師にご相談の上、適切な治療や生活改善をおこなってください。

そもそもALT(GPT)って何?

ALT(GPT) というのは肝臓にある肝細胞の中にある酵素だそうです。

肝臓が悪くなって、肝細胞が壊れると ALT(GPT) が血液の中に出てくるのだそうです。

従って、血液中にALT(GPT)が多い=肝細胞が多く壊れている=肝臓が悪くなっている、と判断できるようです。

何が原因?

じゃぁ私のALT(GPT)が多くなっているのは何が原因か?

ALT(GPT)が上がるのは、各種肝炎、脂肪肝、肝臓がん、などが原因のことが多いようです。

肝炎の場合、B型肝炎やC型肝炎が多いようですが、B型肝炎ウィルスとC型肝炎ウィルスの検査は健康診断のときにやっていて陰性なので、それは除外。

アルコール性の肝炎もあるようですが、私はアルコールをほとんど飲まない(会社の飲み会があるときにちょこっとぐらい)ので、アルコール性肝炎も除外。

脂肪肝も健康診断のときに、腹部超音波検査(腹部エコー)で見てもらっていて、問題なし、とのことでした。

しかし、軽度の脂肪肝では、エコーで判断できないらしく、ちょっとした脂肪肝の疑いは排除することができない。

過去の健康診断結果を見てみると、3年ぐらい前から徐々にALT(GPT)の値が上がってきている、ここ2,3年は基準値は超えていたが「経過観察」で済んでいた、それが今回は「要精密検査」の値まであがってしまった。

それには思い当たることがある。3年前から環境が変わり、あまり歩かなくなった。つまり、運動不足になったのです。

運動しないとまずいと思いながらも、仕事の忙しさを理由に一切何も対策をしていなかったつけが、今回の数値に表れてきているのだと判断しました。

なので、自己判定としては、「生活習慣による軽度の脂肪肝。生活習慣改善しないとエライことになるよ。」でした。

じゃぁ対策は?

原因を「生活習慣による軽度の脂肪肝」に絞ったところで、じゃぁどのような対策をしようかと考えました。

健康診断のときにもらった紙には、食生活の見直しと運動習慣が大切、と書いてあったので、それらを見直してみることにしました。

私の場合は、コレステロールや血糖値も基準値を超えて「経過観察」の状態なので、まず糖質を減らすことを考えました。

間食はしない人なので、メインの糖質供給源は三食とっている白米と、朝と風呂上りに飲んでいる野菜ジュースかなと思い、これらを減らしてみることにしました。

白米は毎食20%ぐらい減らし、野菜ジュースは朝だけにしました(風呂上りは水を飲む)

後は運動です。あまり急に激しいことをやっても体を壊したり、続かなかったりするので、1日30~40分ぐらいのウォーキングをすることにしました。

ウォーキングなら、歩くスピードを調節することで負荷を調整できるし、スーパーへの買い物に遠回りして歩いて行ったり、通退勤のときに行ったりすれば、そんなに無理なく続けられます。

しかも、ウォーキングをすると普段見ていなかったいろいろな景色などが見られるので気晴らしやストレス発散にもなり、一石二鳥です。

対策の効果

糖質削減は毎日、ウォーキングは1日5000歩前後をほぼ毎日(週1回ぐらいはできない日あり)、1ヶ月続けました。

ウォーキングは半分ぐらい(2500歩ぐらい)でぽかぽかしてきて、軽く汗ばむ程度のものです。5000歩終わったときはちょっと暑いぐらいで、帰ってから水を飲みます。

毎日体重を量り続け、徐々に減っていきました。

対策前は、72kg 前後の体重でしたが、1ヶ月経って 69kg 前後まで減りました。体脂肪率も2%ぐらい減ったように思います。

いざ、再検査へ

1ヶ月の生活習慣改善のあと、近くの内科で再検査をしてもらうことにしました。

採血をして、その日は終了。後日結果を聞きに来るというパターン。

で、後日結果を聞きにいったところ

すべて基準値内!

とのことでした。

今後は年に1回の健康診断で見ていけばよいでしょう、と言われました。

ただ、脂肪肝は1日2日では治らないし、安心して運動をやめてしまう人がけっこういて、そういう人はリバウンドする人もいるそうなので、続けることが大切です、と言われました。

なんとかがんばって続けていこうかと思います。

コレステロールや血糖値も基準値内におさまっていたので、肝臓だけでなく、体全体にとっても良い状態に向かっているようです。

 

白髪は抜かないと増える?

いえ、医学的根拠があるわけでも、化学的証明をしたわけでもありませんが、周りの人たちを見ていて思った白髪に関しての考察です。

長年の経験(といってもそんなに生きていないが)から、「白髪は抜くと増える」と言っている人の白髪は増えているように感じます。

もともと白髪になりやすい人がそう言っているのか、それとも、抜かないから増えているのかはわかりません。

白髪を放っておくと、周りの組織に影響が広がる?なんてこともあるのかもしれません。

私はというと、数ヶ月に1本ぐらい白髪を発見しますが、発見し次第抜いています。

抜いたところからまた白髪が生えるのか、黒い髪が生えるのか、それともそこからはもう生えないのか、それはわかりませんが、ゆるい観察の結果では、そこから白髪が再度生えてきているということは無いと思います。

結果として白髪の無い頭を維持しています。

そこで私の行動方針は

・白髪を発見した場合、1,2本であれば抜いてしまう。

・100本ぐらいでてきたら、もう諦める。。。

・じゃぁ、10本なら?そのとき考える。

という感じです。

みなさんは自己責任で自分の正しいと思う対処をしてください。

いろいろなこと