バリウムを飲んだ後の便を流す方法

便の話ですので食事中の方は自己責任でお読みください。

 

先日健康診断に行ってきました。

朝から飲食無しでバリウムを飲んで胃の検査をしました。

バリウムを飲んだ後のウンコは、雪のように白くなります。

白いだけならいいのですが、かなり「重い」のです。

バリウムの比重は4.5程度のようですので、水の4倍以上の重さがあります。

ウンチをした後、普通に「大」で流してみると。。

水流で水面が波立っている間は何も見えませんが、波が収まり水面が平穏になると、それは現れます。

「大」で流したのに、それは何事も無かったかのようにそこにいるのです。

流れたかどうか確認せず、「大」を押した後すぐにトイレを離れてしまうと、恐ろしい悲劇が待っています。

数分後、いや数時間後かもしれません、トイレに入った家族の悲鳴が家中に響き渡ることになるでしょう。

普通に流したのでは流れないのです。

しかも水に溶けにくいので、流れない状態がしばらく続きます。

どうすればよいか?

簡単です。

いや、物理的には簡単だが、精神的には簡単でないかもしれません。

割り箸や、その他類似の消耗品を使い、雪のような便を解きほぐすのです。

大きな塊のときは流れませんが、細かくすれば流れます。

がんばりましょう。

 

仮面ライダードライブ シフトカラフルコマーシャル

カラフル=色とりどり

コマーシャル=広告

シフトカラフルコマーシャルは、ホログラムのように何も無いところに映像を浮かび上がらせることができる。

その力を使って、ロイミュードの目をくらませたりすることができる。

カラフルコマーシャルの玩具は食玩シフトカー3で発売されるようです。

仮面ライダードライブ SGシフトカー3 8個入 BOX(食玩・清涼菓子)

仮面ライダードライブ シフトテクニック

テクニック=技術

シフトカーのシフトテクニックを使って変身すると、タイプテクニックに変身します。

タイプスピードの場合は、変身した後にタイヤが肩から斜めにたすきがけのように付いていましたが、タイプテクニックでは両肩をつなぐように真横にタイヤがセットされます。

タイプテクニックは機械のような正確さで動き、相手を攻撃していきます。

ボディーの色は緑色がベースです。

タイプテクニックではファイヤーブレイバーローリングラビティなどのシフトカーを使ってタイヤ交換ができます。

シフトテクニックの玩具はDXドア銃に同梱されています。

仮面ライダードライブ シフトローリングラビティ

ローリング=回転

グラビティ=重力

タイプテクニックでタイヤ交換をするとタイプテクニックグラビティになり、巨大なおもりで相手を攻撃できるようになる。

おもりを地面に置くと、まわりに強力な重力を発生させてロイミュードを動けないようにしてしまうことができる。

また、フルスロットルの必殺技のインパクト10を出すことができる。

仮面ライダードライブ シフトファイヤーブレイバー

ファイヤー=火

ブレイバー=勇敢な

タイプテクニックでタイヤ交換をするとタイプテクニックブレイバーになり、タイヤから伸びるラダーアーム(はしご車の腕)で相手を攻撃できるようになる。

また、フルスロットルの必殺技のレスキューダウンを出すことができる。

 

仮面ライダードライブ DXシフトカーセットと食玩シフトカーの違い

仮面ライダードライブのシフトカー、シフトミッドナイトシャドーの食玩が発売している、と思い購入したら、マッシブモンスターでした。。

家に帰ってから気づきました。。。orz

マッシブモンスターはすでにDXシフトカーセットで購入していたのでダブってしまいました。。。

せっかくなので、DXシフトカーセットのものと食玩のシフトカーの違いを調べてみました。

シフトブレスにセットしたときに音は鳴るのか

一番気になる部分です。

結論から言うと、食玩のシフトカーもDXシフトカーと同じように音は鳴りました。

下の写真の通り、裏面の出っ張りのパターンが同じなので、違いは無いものと思われます。

shift_car_diff01

レバー回転のスムーズさ

カーモードからレバーモードにする(後部をひねって回す)ときのスムーズさが少し違います。

DXシフトカーのほうは、回し始めてから180度回転するまで音も無くスムーズに回転し、最後に一回だけカチっと固定されます。また、180度に近くなるとバネの力で自然に180度の位置まで移動します。

食玩シフトカーのほうは、回し始めてから4段階カチカチと固定される部分がありますので、レバーモードにするのにカチカチカチカチ、という感じになり、スムーズさがありません。

マークの違い

シフトカー後部の下についているマーク(シール)の絵が微妙に違います。

DXシフトカーのほうは、ホログラム的な感じの印刷ですが、食玩シフトカーのほうは普通の印刷な感じです。(説明が下手ですみません。。)

番号の違い

これは商品番号なのかもしれませんが、DXシフトカーのほうは 053 で、食玩のほうは C053 になっています。

その他の違い

バンパーの部分が微妙に違います。

shift_car_diff02

レバーをめくったところに刻印があります。

shift_car_diff03

結論

食玩でも音は鳴るようなので、あまりこだわらない場合は値段の安いほう(食玩のほうがちょっとだけ安い?)がお得でしょう。

ただ、なりきりたい場合は、全体的に動きがスムーズなDXシフトーカーにしたほうが、なりきり度は高いように思います。

 

仮面ライダードライブ シフトバーニングソーラー

バーニング=燃えている

ソーラー=太陽の

シフトバーニングソーラーはブレスなどにセットしなくても使えるタイプのシフトカーで、まぶしい光を出して相手の目をくらませたり、強い光線を出して相手にダメージを与えたりすることができる。

ブレスにセットしなくても使えるので進ノ介以外の人でも使える。

バッテリーが切れると使えなくなるので、太陽光に当てて充電する必要がある。

バーニングソーラーの玩具はガシャポンで発売されています。

仮面ライダードライブ シフトワイルド

ワイルド=野生の

シフトカーのシフトワイルドを使って変身すると、タイプワイルドに変身します。

タイプスピードの場合は、変身した後にタイヤが肩から斜めにたすきがけのように付いていましたが、タイプワイルドでは右肩にタイヤがセットされます。

タイプワイルドはその名の通り力が強く、そのパワーをつかって相手を攻撃していきます。

キックやパンチといった通常攻撃や、右肩に付いたタイヤを使ってロイミュードを攻撃します。

タイヤを回転させて敵に攻撃する必殺技「オーバーワイルド」や、渾身のパワーを込めて打ち込む必殺パンチの「パイルブレイク」などの必殺技も出せるようになります。

タイプワイルドではランブルダンプマッドドクターフッキングレッカーなどのシフトカーを使ってタイヤ交換ができます。

シフトワイルドの玩具はDXハンドル剣に同梱されています。

 

いろいろなこと