JINS でのメガネの買い方

広告

車の運転に必要なので、15年ぐらい前に買ったメガネ。

レンズのコーティングがはげてきて、ねじが外れたのを付け直したり、だましだまし使ってきましたが、ついに鼻のところの止め具が折れてしまい使えなくなりました。(正確には、使えるけど鼻に突き立ってしまって痛い状態(^_^;))

15年間ありがとう。ということで新しいめがねを買うことにしました。

下調べも無く、いつも行っているショッピングモールの中にあった、JINSという眼鏡屋さんで買うことにしました。

カジュアルなメガネから、フォーマルなメガネまで、老若男女のどのターゲットにも受け入れられそうなフレームが並んでいました。

JINS001

私は無難な感じのこれにしました。価格は6372円。一昔前はフレームだけで1万2万はあたりまえだったので、安くなったもんだと思いつつ、レジへ。

そこでメガネ購入の流れは以下のようなものだと説明を受ける

  • 視力測定、レンズ決定
  • フレーム調整
  • メガネ製作
  • 受け取り

メガネ製作のところで40分ぐらいかかるそうなので、ここで昼食をしたり、買い物をしたりして時間をつぶせれば、効率的です。

まずは視力検査ですが、これは待ち人数によりますが、開始まで5分ぐらい待ちました。

検査が始まると、視力や乱視などレンズ決定に必要な検査を行ってくれます。だいたい時間は10分ぐらいでしょうか。

レンズが決まったところで、レンズの厚さの希望を聞かれました。

レンズの厚さは一番厚いものは在庫があるので当日お渡し、薄いものだとお渡しに1週間ぐらいかかるとのことでした。

厚さにこだわりは無いのと、当日ほしかったので普通の厚さのものでお願いしました。

ここで、ふと疑問が(・・?

レンズの値段が書いてなかったが、いったいレンズはいくらするのだろう?

まぁ、フレームも安いからレンズも同じぐらいだろうし、高くても1万円ぐらいなんだろうな、と思い、その場は特に質問もせずに進めました。

次に、また5分ぐらい待った後に、フレームの調整です。

フレームをかけてみて、きついところなどはないか確認します。

私の場合は、右耳の当たり具合がいやだったので、その旨を伝えたら調整してくれました。

なんだか、フレームを手でグニャグニャと曲げて調整していました。

意外とアナログだなぁ。と感じた今日この頃。しかし、これが最新の技術なんだろう(-_-;)

調整が終わると、会計を済ませます。

レンズの値段ことはもう忘れていましたが、値段を聞いてすべてが判明しました。

お会計は6372円です。

ということで、この値段はフレームのみの値段ではなく、フレーム+レンズの値段の合計だったのです。

これはうれしい誤算です。今の時代では、当たり前のことなのかもしれませんが、15年前からメガネを購入していなかった私には驚愕のお値段です。

時代は変わりました(T_T)

ということで、会計を済ませ、ランチに出かけました。

ランチの後、JINSに戻ってみるとちゃんとメガネが出来ていました。

かけて見て変なところは無いか、見え方は大丈夫か、ということを確認してから受け渡しです。

メガネケースももらいました。

JINS002

色は選べるんですが、私は黒にしました。

ふたが磁石でくっつくタイプで、開けると

JINS003

こんな感じです。

JINS004

メガネ拭きもついてます。

いやぁ、こんなに安いとオシャレで何個もメガネを買っちゃう人の気持ちもわかりますね。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>