不整脈(期外収縮)の発生と収束

広告

2016年6月のある日のこと、突然不整脈が発生しました。

駐車場で車に乗って人を待っていると、ドクっ、という動悸を30秒に一回ぐらい感じるようになりました。

心臓がおかしいのか?と思い、手首に親指をあてて脈を調べてみると、動悸の後に脈が飛んでしまうではありませんか。

リズム良く脈打っているのに突然

ドクッ、ドクッ、ドクッ、ドクッ、ウン、ドクッ、ドクッ、ドクッ、

というように、音楽で言うと1拍置く感じになってしまう。

深呼吸してみても、ストレッチしてみても、変化がありません。

30秒に一回ぐらい脈が飛んでしまう。俺の心臓はこのまま止まってしまうのか?そしてこのまま俺の人生も終わってしまうのか?

とか思いつつ様子を見ました。

そうこうしているうちに待っていた人が来ました。その人に症状を伝え、俺が倒れたら救急車よろしく、という話をしつつ、さらに様子を見ました。

30分ほど様子をみたが変化は無く、脈が飛ぶ以外には特に変なところもないので(精神的にはまいりましたが)、車を運転して自宅に帰りました。

自宅に戻った後、2時間ぐらいしたら脈が飛ぶのもおさまり、通常のリズミカルな心臓に戻ってくれました。

たまに(1ヶ月に一回ぐらい)は動悸を感じることはありましたが、こんなにも連続で発生することは無かったので正直あせりました。

ネットで調べたところ、脈が飛ぶのは期外収縮という種類の不整脈だそうで、ほとんどの人は問題無いとのこと。

脈を打つための電気信号が乱れる(早かったり遅かったりする)ので、そのときに脈が飛ぶ(正確には弱く脈打っているが感じ取れない)のだそう。

この日は、収まったのと、ネット情報で問題無さそうということがわかったので、ひとまず安心しました。

が、1ヵ月後、再び期外収縮が発生しました。

今度は数時間という話ではなく、3日間ぐらい続いた後、収まりました。

問題無さそうとは言え、なんだか気になるもんです。

そして1週間後、再発しました。

今度は3日間経っても収まりません。

だんだんと症状が発生する期間が長くなってきているようです。

5日間経っても収まらないので、医療機関を受診してみることにしました。

近くにある「循環器内科」で、日替わりでいろんな先生が来ているようです。

ホームページを見てみたら本日の先生は「不整脈専門医」だそうです。

これは本日行くしかない、と、予約を入れて行ってみました。

激混みです。。。

お盆前、で、なおかつ、2週間に一回しかこない「不整脈専門医」ということで混んでいるようです。

○○さーん、中へどうぞ!

意外に早く呼ばれたと思ったら、まずは看護師さんによる問診&心電図検査、のようです。

その後待合室で待つこと1時間半。。。ようやく先生に呼ばれました。

本日の心電図検査と問診の結果、先生の意見も「期外収縮」で問題無い、とのこと。

念のため、24時間心電図、血液検査、心エコー、負荷心電図、という検査を行って、問題ないことを確定しましょう。とのこと。

生活のうえで特に気をつけることは?と先生に聞いたが、「特に無いですよ」と拍子抜けの回答、運動しても問題ない、とのことだった。

自分にとっては人生初めてのことだが、先生は同じような人をたくさん診ているので大丈夫というのがわかるのだろう。ちょっと安心しました。

その日は血液を採取し、24時間心電図(ホルター心電図というらしいです)の機械を取り付けて帰りました。

24時間後にホルター心電図を取り外しに来た後、こんどの受診は2週間後とのこと。

それから二週間、期外収縮は収まることなく発生し続けました。

そして再度受診、エルゴメーターという自転車みたいなのをこぎながら心電図を測る検査です。

だんだんと負荷がかかってペダルが重くなり、心拍数も上がってきます、運動していない人だと2,3分で目標心拍数まで上がってしまうみたいですが、私の場合は8分ぐらいまで目標心拍数に達さず、どんどんペダルが重くなって一汗かいてしまいました。

その後は、心臓のエコー(超音波撮影)検査で、心臓の肥大などを調べるものでした。

検査後、今回は15分ぐらいで呼ばれ、先生の解説。

24時間心電図で見た限り、1日1000回程度の期外収縮が発生しているが、それは全体の1% 程度(つまり100回に1回ぐらい飛ぶ)なので問題ないとのこと。これが20%以上(5回に1回)になってくると心臓に負担がかかるので良くない。ということでした。

血液検査は問題なし、エコーも問題なし、なので問題無いでしょう。

とのことでした。

気になるようであれば薬で抑えることもできますが、どうしますか?

と聞かれましたが、放置しても問題ないのであれば薬は要りません。と答え(薬嫌いなので。。)これで診療は完結しました。

これから一生動悸を感じならが生きるのかと、少々落ち込みそうでしたが、問題ないのであれば気にするな!と考え方を変更し、家に帰りました。

と、それから2日後、ぱったりと期外収縮が消えました!

何をしたわけでもありませんが、受診して問題ないことを聞いて精神的に開放されたからなのか、それとも何らかの理由で自律神経が安定してきたからなのか、理由はわかりませんが、突然収まりました。

それから一ヵ月半後の現在も再発はしていません。

なんだか良くわからない現象だったが、もう出ないことを祈ります。

期外収縮発生して、気になっている皆さんも一度受診して、気持ちを楽にしてみてはいかがでしょう。

 

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>